【東海愛知新聞】マスクが奪う「言語」

あいち補聴器センター代表天野慎介の透明マスク対応の記事が2020年6月14日(日曜日)付けの東海愛知新聞に掲載されましたので、ご紹介させていただきます。

以下引用です。

同市吹矢町のあいち補聴器センターは、来店した聴覚障害者の要望があれば、透明のプラスチック製マスクを着けて接客する。通常のマスクは、聴覚障害者にとって言語に等しい「口の動きと表情」を奪う。マスクを外す時に高価な補聴器を落として紛失してしまう弊害もある。天野慎介社長は「マスクを着けた時の『ゆっくり、はっきり』とした話し方や補聴器の付け方などの啓発も、補聴器店の役割」と話す。

東海愛知新聞

また、透明マスクについてのあいち補聴器センターの詳しい内容は下記ブログをご参考ください。

【透明マスク】透明マスクの対応を開始いたします。

【透明マスク】透明マスクを作ってみました!

————————————–
あいち補聴器センター

〒444-0862 岡崎市吹矢町69

電話&FAX:0564-24-4733

※水曜定休日 営業10時~17時まで

Follow me!