補聴器耳栓「クリックモールド」感想・場所によってどういう調整が合うのか試してみました!

前回ご紹介させて頂いた補聴器耳栓 クリックモールド。

前回はクリックモールドのメリット・デメリットを主にご紹介させて頂きましたが、今回は色々な調整をいれて実際に使ってみた感想をご紹介させて頂きます!

(※このブログは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。)

前回のブログ→補聴器耳栓 クリックモールドご紹介【シーメンス・シグニア】

 

【クリックモールドとは?】

クリックモールドは、一人ひとりの耳の骨格に合わせて作成するオーダーメイドの補聴器(RICタイプ用)耳栓です。

オーダーメイドですので、通常のドームよりご本人様のお耳にフィットして、装用者の難聴の程度により柔軟に対応出来ます。(メーカー:シーメンス・シグニア)

クリックモールドを実際に使ってみました!

使った場所:①バスの中②広いホールでの講習会

使った補聴器:シーメンス・シグニアの7NX

 

今回、私は場所を変えて4つの調整を試してみました。私は普段バスで通勤をしているので、バスの中の聞こえと、皆さんからよく聞きづらいと言われる広いホールでの聞こえを試してみました。

まず、補聴器には4つの調整を入れました。

①7NXの機能を充分に使った調整

②低域を強調した調整

③高域を強調した調整

④クラスを下げて3NX仕様に変えた調整

それぞれの調整をバスの中や講習会で比べて聞いてみました。

 

【バスの中】

バスの一番うるさいであろうドア付近の位置に座り、30分間つけて試してみました。

①7NXの機能を充分に使った調整

普通の耳栓に比べると、クリックモールドはきちんと音を届けてくれるので、音のボリューム感はあるなと感じます。ボリューム感はあるものの、バスの中では発進音や、他の車の音、周りの人の音がかなり押さえられていると感じました。さすがは7NXで、バスで使うなら一番この調整で使ってみたいと思いました。

②低域を強調した調整

運転士さんのアナウンスがガンガン入ってくる感じがします。アナウンスの声に関しては若干音がぼやけている感じがしました。バスではあまり使いたくない調整です。ですが、普通の会話(マイクを通した声ではなく、肉声の場合)はボリューム感があって聞きやすいと感じました。

③高域を強調した調整

これはバスの中でつけていて面白いな、と感じた調整です。変化をつけるために高域をあえてたくさん出した調整だからかもしれませんが、運転士さんのアナウンスは息を吸う音や話し終えた後の最後の息の音まで聞こえました(笑)

会話はとてもクリアに聞こえるような気がします。ただ、バスの中で新聞を読んでいる人の音がやかましく、とくにドアを閉めたり開けたりする物の音が目立って聞こえました。バスの発進音は高く聞こえるような気がします。物の音は気になりましたが、発進音はあまり気にならなかったです。
バスで周りに人が乗っていなければ違和感はないので使いたい調整ではありますが、他に人が乗っているときは物の音が気になるので遠慮したいです。

④クラスを下げて3NX仕様に変えた調整

とにかくこの調整はやかましくて堪らなかったです。4つの調整の中で一番最後に試したので、余計に感じたのかもしれませんが、運転士さんのアナウンスにはとてもやかましくてびっくりしました。聞き比べてみるととくに違いが分かる感じがします。

 

(まとめ)

バスの中では、かなり雑音が多いので、「気になって仕方がない」という方はできるだけその補聴器のもつ機能を充分に使った方がいいかもしれません。また、運転士さんの声やバスの案内の機械音を聞き取りやすくするには高域を強調した調整は聞きやすかったです。クリックモールドは顔を動かしても耳にフィットして落ちる心配はなかったので、安心してバスの中や外で使うことができました。

 

【広いホールでの講習会】

講習会は4時間行われたので、それぞれの調整で1時間ずつ試してみました。

①7NXの機能を充分に使った調整

マイクを使った声はもちろん、隣の席の方と話した時も聞きやすさを感じました。④の調整と比べると、音が広がらず、スッと入ってくるイメージです。ホール内は基本的には静かだったので、雑音等は特に気にならなかったです。

②低域を強調した調整

バスの中同様、マイクを通しているので、声に関しては若干音がぼやけている感じがしました。ただ、音のボリューム感があるので、音をたくさん入れたい!という方は聞きやすいのではないかなと思います。

③高域を強調した調整

講習会では一番聞きやすかった調整です。マイクを通した声を聞き取る際は高域を強調したものは言葉がクリアに聞こえる感じがしました。ただ、紙をめくる音だったり、ボールペンを落としたときは②の調整よりも少し気になりました。それ以外は問題なく、一番心地の良い聞こえでした。

④クラスを下げて3NX仕様に変えた調整

聞きやすさに関してはとくに不自由は感じませんでしたが、若干①③と比べると音が広がって聞こえる感じがしました。ですが、この調整は一番最後に試したので、その違和感は感じやすかったかもしれません。マイクの声は私の場合②よりもこちらの調整の方が音質的には聞きやすかったように感じます。

 

(まとめ)

バスの中同様、マイクを通した声は高域を強調した調整は聞き取りやすく感じました。今回4時間つけてみましたが、最後の方では少し耳の中にかゆみを感じました。(耳が敏感な方は感じるかもしれませんが、私の場合慣れていないせいもあると思います)

クリックモールドは普通の耳栓よりも音がしっかりと入ってくる感じがするので、とても聞きやすいのではないかと思います。私は耳が小さい方なので、補聴器の耳栓次第では、スルッと落ちてしまったり、逆に痛みを感じたりすることがありますが、クリックモールドは耳にフィットしていたので、落ちる心配はなく、また痛みもありませんでした。

 

————-

今回は、補聴器用耳栓「クリックモールド」をつけて色々な環境で試してみました。通常の耳栓ですと、音が逃げてしまう可能性があるので、きちんと補聴器の効果を出すためにも、クリックモールドをお勧めしております。また、補聴器はとても軽く小さいため、「落としそうで怖い」という方にもお勧めです。

また、調整の仕方で、聞こえ方もかなり変わってきます。今使っている補聴器で、「少し聞きづらいな」と感じている方がいらっしゃいましたら、上記のように色々な調整で試してみるというのもいいかもしれません。

あいち補聴器センターでは、調整を無料で行っておりますので、聞きづらさを感じている方がいらっしゃいましたらぜひお声掛けください。

————–

あいち補聴器センター

TEL&FAX:0564-24-4733

受付時間:10:00~17:00(水曜定休)

所在地:444-0862 岡崎市吹矢町69

※水曜定休日 営業10時~17時まで

 

 

Follow me!