ヘルプマーク~思いやりの行動を~

ヘルプマークをご存知ですか?

ヘルプマーク とは

東京都福祉保健局が作成したマークで、内部障がいや難病、発達障がいなど外見からでは分からないかたが援助や配慮を得やすくすることを目的に作成されました。また、平成29年7月20日に経済産業省において、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、外国人観光客にもより分かりやすい案内用図記号とすることを目的に、日本工業規格(JIS)にヘルプマークを追加しました。今後ヘルプマークが広く普及し、認知度の向上と活用が期待されます。ヘルプマークを身に着けたかたを見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりの行動をお願いします。

ヘルプマークを見かけたら、思いやりの行動を

このマークが目印です!

電車・バスの中で、席をお譲りください。

外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。 また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

 

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。

交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

 

災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。

視覚障がい者や聴覚障がい者等の状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。

 

ヘルプマークシールの無料配布について

配布開始日:平成30年1月15日(月)

配布場所:障がい福祉課(福祉会館1階)、健康増進課(げんき館2階)、こども発達センター(欠町)

配布対象者:身体障がい者・難病のかた・発達障がいのかた等でマークを希望するかた (原則お一人一枚)

配布するマークの概要:運転免許証サイズ(縦85mm×横53mm)でシールタイプ

※窓口配布のみで郵送での対応はしていません。

 

ヘルプマークのデザインおよび利用方法

ヘルプマークのデザインは一定の要件を満たす場合に自由に作成、使用ができます。デザインを活用されたい場合は、東京都福祉保健局ホームページ内の「ヘルプマーク作成・活用ガイドライン」をご覧ください。

東京都福祉保健局ホームページ

 

外見では分かりにくい障がいをお持ちの方や、援助を必要としている方はいらっしゃいます。

難聴も外見では分かりにくく、難聴であることは気づきにくいかもしれません。

バスや電車、お出かけの際などにヘルプマークを見かけましたら思いやりのある行動をお願いします。

Follow me!