【カスタムIEMレビュー】ONKYO 「IE-C3」3way 3driver

オンキョーと補聴器メーカー「シバントス」との
コラボカスタムIEM(イヤモニ)が昨年登場後、人気は継続中ですね!

私も実は「IE-C3」が手元にありますので、遅ればせながら以下レビューをします♪

161125-ie-c3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【3way 3ドライバー 「IE-C3」レビュー】

先ずはデザインから、、

シェル(外見の出来具合)は、何といっても「メイドインジャパン」であるため、
表面に気泡などのムラがほとんどなく、とっても綺麗です!(※月2時間程度の使用で、約1年使ってもこの輝き!)

注文~納期まで最短で約10日間~2週間前後と、
他社のスピードオーダー以上、本当に驚異の速さの製作されるにも関わらずこの品質には脱帽です。やはり、耳あな補聴器で業界をリードする補聴器メーカー「シバントス」が製作に関わっているので、かなり高水準なモノになっています。

形的に遮音性がないと思われがちですが、遮音性は耳道部分で確保されているので、プロ・ミュージシャンタイプ(私はこれを選択しました)を選べば、きっちり確保できます!キツさもほとんど感じず、装用感も良さげです。重さはその他3ドライバーのカスタムIEMとほとんど変わらない気がします。

 

音質について、、

ONKYO「DP-X1」直差しで試聴。

【試聴曲】
セプテンバーミー / 「彼女inワンダーランド」

大森靖子 / 「勹″ッと<るSUMMER」

ぜんぶ君のせいだ。 / 「僕喰賜君ノ全ヲ」

少年がミルク / 「あさきゆめ」

 

 

ONKYO製品には、ONKYO製品が合う!??と思えるほど、しっくり鳴らしてくれます。以前ソニーのNW-ZW1で聞いた際は、低域~中域を押し出す印象があったのですが、DP-X1では、低中高域までとてもバランスよく、ふくよかに鳴らしてくれます。3ドライバーは、通常モニター系で使われるケースが多く、味付けのない音が多いと思うのですが、IE-C3はボーカル音をやや押し出して鳴らしてくれるので、リスニング用途には最適です♪(モニター系ではない)高音を含め、女性ボーカルやドラムのハイハットなどは刺さる感じがなく、かと言って低域もズンズン響く感じではないので、ボーカルとバックグラウンドで流れる楽器の演奏が非常にバランスの良い味付けです。

 

 

個人的にはカナル型で出してくれるとフェイスプレートのデザイン選択を含め、よりおしゃれに装用が出来るので登場しないかな~と。何か作業をしながら、外の音も少しは入れたい、軽やかな着け心地を求める方には、ぜひお勧めしたいIEMです^^

—————————————————–

あいち補聴器センターでも「ONKYO イヤモニター」ご注文可能です!

IE-C1 59800円、IE-C2 79,800円、IE-C3 119,800円 全て税抜

別途、耳型採取5,400円掛かります(当店で採取が可能です)

 

青木

Follow me!