第2回 『唯一無二!こんな透明感と現代ポップは聴いた事がない、 「禁断の多数決」』【おすすめ邦楽紹介コーナー】

前回に続き第二弾!

おすすめ邦楽紹介コーナー。

(初回より約2週間が経過。もう少し更新頻度を上げれるように頑張ります)

 

第2回はこちら↓

アーティスト名: 禁断の多数決

構成: 男女7人編成バンド

販売レーベル:  BounDEE by SSNW

公式サイト: http://kindan.tumblr.com/

参考PV:

 

てんぷらちゃん、尾苗愛、ローラーガール、シノザキサトシ、はましたまさし、ほうのきかずなり、処女ブラジルの7人編成バンド。メンバーの素性など明かされぬまま次々と公開した自作PVが動画サイトで感度の高いリスナーたちの中で話題となり、現在注目を浴びている。2012年10月発売のアルバム「はじめにアイがあった」では、「やれることはなるべく自分たちでやる」「好きなことだけを追求する」をモットーに、メンバー自ら演奏、録音、ミックス等を全てこなした完全DIY作品となっている。リスナーに謎かけをしながら共犯関係を結ぶような活動形態。US/UKインディ・シーンとの共時性も感じさせる極上のオルタナポップ。浮遊感・透明感が印象的なサウンド。彼らは時代に囚われない魅力に満ちた音楽世界を作り出している。

※セカンドアルバム『 アラビアの禁断の多数決 』今年の11月20日、リリース決定!

 

今回紹介しました「禁断の多数決」が作り出す音楽は自分の中では

もはや美しい絵画のような芸術作品そのものです。

耳に優しい幻想的な世界。ぜひ一度聴いてみてくださいね♪

 

青木

Follow me!